自分好みのインテリアにチェンジしよう│理想空間DIY

簡単に家具を作れる

DIYをする時には、作る品を考えたうえで木材の種類を選ぶ必要があります。初心者の人でも3段程度の本棚であれば簡単に作ることができ、少し技術を身につけたのであればダイニングテーブルなどの大型家具を作ることも可能です。

和の雰囲気をつくる

必需品からインテリアへ

畳は昔の日本の住宅においては無くてはならない必需品でありました。 日本の住宅の場合、床下の通気を良くして夏を涼しく、そして木材の腐るのを防いでいました。 そのために、冬の床は非常に冷えきっていて、木の床に直接蒲団を敷いて寝ることは耐え難たく、畳を断熱材として敷いていたのです。畳は空気層を多く含んだ構造による断熱性と通気性を両立した優れた製品です。 しかし、現在の生活様式の変化と建物の気密性の向上により、必需品であった畳がインテリアの一部と変化し、近年20年間で畳の生産も半減しています。しかし、海外での人気は強く日本でも琉球畳などでインテリアとして根強く支持されています。

畳はメンテナンスさえすれば長期間使用できます

畳は空気層を多く含んだ生き物のような製品です。よくメンテナンスを行っていれば長期間使用することができ、いざ傷んでもフローリングと違い大掛かりな工事が必要なく傷んだ部分だけ数枚交換も可能です。 長く持たせる為のメンテナンスの注意点もあります。まず、普段の手入れは、ぬれ雑巾を使用せず掃除機を掛けて乾燥した布で乾拭きしましょう。また、天気の良い日には窓を開け風通しをよくして乾燥させるようにすることです。 さらに、畳表は裏返しと表替えにより新品の様に戻ります。裏返しは3年位で行い、表替えはその後3年位経過ごに実施するとよいでしょう。このサイクルを繰り返すことと普段のメンテナンスを続けることで20年は使用し続けることが出来るのです。

人気のLED電球

近年LEDの技術が進歩し、価格が安くなったことで様々なところにLEDを使用した商品がよくみられるようになりました。 従来の蛍光灯に比べると電気の持ちも非常に長く、消費電力も少ない為、環境にも家計にも優しい電球といえます。

Read More...

女性一人でできる

日曜大工は男性が行なうというイメージが強いですが、最近では日曜大工同様の作業をDIYという呼び名で女性も行なうようになっています。DIYをするときにはできるだけ材料費を抑えながら、工具を使って工夫して作るのがポイントです。

Read More...